FC2ブログ
もっと在宅ホスピスを知ってほしくて...。 一緒に考えてみませんか?
             
     
                 
     
                    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おしょうさん   
訪問看護を始めて1年が経過した頃の患者さん
呼吸器疾患の患者さんでお寺の住職さん。
在宅酸素を付けながらも日々生活していた。
多少認知症症状もあり私のことは「中学生?」と思っていたようで
いつも訪問すると、お説法やお作法について色々教えてくれた。

ある日、とても呼吸が苦しかったようで「もう生きているのは疲れた」
「あの世に行くのは怖くない。しかし、ひとつだけ悔しいことがある」
「それはな、この世に残った者たちに、お釈迦様のところにたどり着いたぞ。って知らせることが出来ない。これが悔しいな」

な~るほど。
不思議な気分だったことは憶えている。
確かに、誰一人として知らせはないよね。
でも何かの方法では知らせてくれているかも知れないが...。

その数ヵ月後、昇天された。 
     知らせは届いた....??

スポンサーサイト
              
コメント

なんとなく・・・・だけど、
その方はお釈迦さまの所に辿りついている気がするv-282
---------- yulia [ 編集]* URL * 05/20, 17:46 -----
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
---------- [ 編集]* * 05/20, 19:40 -----

なんか・・・とてもいい方のようですね。
お釈迦様の所からサイン送ってらっしゃるのでは?

ありがとう・・・・って・・・i-247に・・
---------- rosa [ 編集]* URL * 05/20, 21:04 -----

yuliaさんへ:
お釈迦様のところってどんなところだろな?なんて考えませんか?

rosaさんへ:
良い和尚ですが、認知症の影響ですかね?
「エロ和尚」な部分でかなり問題だったんですよ。...ここだけの話ですが...v-405

ひまわりさんへ:
仕事しながらの介護大変だよね。でもファイト!
まずは、地域の色々な情報を集めてみて。そうすると、何かは見えてくるんじゃないかな?
答えになってるといいんだけど...
---------- ちびまる [ 編集]* URL * 05/21, 11:26 -----

訪問ではいろんな方との出会いがあり、とても仕事が充実した感じですね、私はうらやましいです・・・

でもその和尚さんはなかなかユニークな方だったんでしょうね、きっとお釈迦様とであったと思いますよ。
---------- らんまる [ 編集]* URL * 05/22, 20:09 -----
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

     
トラックバック
トラックバックURL
→http://chibinasu.blog29.fc2.com/tb.php/30-38283439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
     
              
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。